Loading...
ナガハマデザインスタジオのフェイスブックに移動します。 ▶
ナガハマデザインスタジオのTwitterに移動します。 ▶
WORKS
田村の住宅 / a House in TAMURA /2010

田村の住宅

竣工:2010年

建築面積:45.61m2(13.79坪)

延べ床面積:85.08m2(25.73坪)

種別:戸建て住宅(新築)

構造・規模:木造2階建て

施工:株式会社稲葉工務店

撮影:イクマサトシ(TecniStaff)

 

郊外化の進む住宅地と古い集落とのはざまに建つ若い家族のための住宅です。

厳しい予算条件をクリアするためにシンプルな矩形平面の2階建てとし、そこから玄関や出窓が飛び出すという形になっています。最小限必要な開口部の計画、建具を代わりのカーテン、構造材・下地材現しの天井など、すべてコストバランスと内部空間の表現を合理的に検討しデザインしました。全てをシンプルに捉えていった結果、建築とリノベーションの持つ質を備えた中間的な空間に行きつきました。開発の進む宅地の隣が農地という不思議な風景の中で、柔らかさと硬さを兼ね備え、凛としながらも優しい住宅になったと考えています。

 

a House in TAMURA

 

Completion year:2010

Building area:45.61m2

Total floor area:85.08m2

Sort:residence(newly-built)

Structure:Timber Structure, 2 stories

Construction company:Inaba Komuten Inc.

Photo:Satoshi Ikuma (TechniStaff)

 

This is a house for a young family that builds between the newly developed area and the old community. This house has a simple rectangular plan, from where the box that accommodates the entrance hall and the large bay window break out. Windows are set to the minimum, and curtains are substituted for the slide doors. We diverted the hard budget into the quality of space that stands for the condition as if it is renovated. We expressed ambiguity in this project.