Loading...
ナガハマデザインスタジオのフェイスブックに移動します。 ▶
ナガハマデザインスタジオのTwitterに移動します。 ▶
WORKS
今泉の住宅 / a House in IMAIZUMI / 2011

今泉の住宅

竣工:2011年

建築面積:67.51m2(20.42坪)

延べ床面積:96.04m2(25.73坪)

種別:戸建て住宅(新築)

構造・規模:木造2階建て

施工:株式会社斉藤工務店

撮影:イクマサトシ(TecniStaff)

 

福岡都心部に建つ退職されたご夫婦のための住宅です。活発に外で活動されるご夫婦が家で最も時間を費やす場所、キッチン・リビングをひとつの大きなハコにまとめ、通りの喧騒からもっとも離れた敷地の奥に配置しました。中庭を介した間接光とトップライトにより、明るく静かな生活空間を確保しています。

都市が生活の一部となっているお二人にとって、都市と住宅をつなぎ、生活イメージを連続させることが重要だと考え、通常コストを抑えるために用いられる無機的な汎用材を肯定し、それらを再編集することにより生まれるニュートラルな都市的表現を目指しました。それによって、周辺のテナントビルや店舗、この場所の持つ都心ならではの地域性も継承できているのではないかと考えています。

 

a House in IMAIZUMI

Completion year:2011

Building area:67.51m2

Total floor area:96.04m2

Sort:residence(newly-built)

Structure:Timber Structure, 2 stories

Construction company:Saito Komuten Inc.

Photo:Satoshi Ikuma (TechniStaff)

 

This is a house for a couple retired their job that builds in the Fukuoka inner-city area. They spend so much time outside that we placed the large living space that holds kitchen in the inner part of the site, so that they can live quietly and brightly in this high densely building area. The small courtyard brings the light and wind to the living space and bedrooms effectively. And we chose the inorganic materials intentionally, so that they can live in this house as a part of city life.