Loading...
ナガハマデザインスタジオのフェイスブックに移動します。 ▶
ナガハマデザインスタジオのTwitterに移動します。 ▶
WORKS
大邱広域市図書館 / Daegu Gosan Public Library / 2012

UIA承認 国際建築アイデアコンペティション

大邱広域市高山図書館

開催:2012年

種別:設計コンペ

構造・規模:RC+S造3階建て

 

韓国の大邱に計画される図書館のための設計コンペ応募案です。私たちは新時代の図書館を、「情報としての本」と「実体としての本」の2つの側面から捉え、これからの時代における新しいITディバイスの普及にフレキシブルに対応可能な図書館を提案しました。隣地に戸建て住宅地が隣接することから、大きくなるボリュームを小さく分節し、圧迫感を生まないように表情をコンクリートとガラスで使い分けています。コンクリート・ボリュームをステージと呼び、実体としての本を体験するスペースとして準備しました。一方そのボリュームの隙間にあたる部分をコモン・スペースとし、情報としての本に触れるスペースとしています。全体は韓国の伝統建築に見られる基壇を用いた構成とし、韓国の石文化を前面に押し出した表現としています。

 

UIA Approved International Architectural Ideas Competition

Daegu Gosan Public Library

Held year:2012

Sort:Design competition

Structure:RC+S Structure, 3 stories

 

This is a proposal plan for a library in Daegu, Korea. We re-captured the new era’s library from two sides, ‘Books as Information’ and ‘Books as Object’, and suggested a flexible library that corresponds to spread of IT devices for coming new era. As detached houses are build in the neighborhood, we divided total volume into small, and each volume’s finish is selectively used in RC and glass. We call these volumes ‘STAGE’ where visitors can experience the books as object. Between the volumes, visitors can read books as information. Overall form of architecture is derived from Korean traditional architecture, and Korean stone culture.