Loading...
ナガハマデザインスタジオのフェイスブックに移動します。 ▶
ナガハマデザインスタジオのTwitterに移動します。 ▶
WORKS
元町のオフィス / an Office in MOTOMACHI / 2014

元町のオフィス

竣工:2014年

建築面積:102.60㎡(31.03坪)

延べ床面積:188.02㎡(56.87坪)

種別:オフィス(新築)

構造・規模:木造2階建て

施工:正﨑建設

撮影:イクマサトシ(TecniStaff)

 

航空法による高さ制限のある福岡の街では、低層部のデザインを豊かに活用しなくてはなりません。その一つとして青空駐車場の上空を上手に活用しようと考えました。接地の駐車場をそのまま活用しながら、その上部の空間を、コインパーキングの収支や商圏、上家の建設コスト、利回り等を勘案し、構造とデザイン、素材を導き出しました。今回はオフィス用途であり、一般的に邪魔な柱は嫌われます。そこをあえてリズミカルで小スパンの柱の林立する木造で構成し、オフィスのモジュールにフィットさせ、温かみのある仕事場を実現しています。

 

an Office in MOTOMACHI

Completion year:2014

Building area:102.60㎡

Total floor area:188.02㎡

Sort:office(newly-built)

Structure:Timber Structure, 2 stories

Consturuction company:syouzaki construction

Photo:Satoshi Ikuma (TechniStaff)

 

We have to bring good design into the low-rise section of Fukuoka city, which has strict height limit by the aviation law. To achieve it, we considered trying to take advantage of the sky of the parking lot while utilizing the toll parking. Then we designed the structure and construction method considering the balance of payment, trade area, construction cost of the building and yield of the tenant. Because the use of the project this time is an office, columns are hated in general. But we dared to choose timber structure to fit the scale to the module of the office. As a result, we were able to realize the warm working environment.