Loading...
ナガハマデザインスタジオのフェイスブックに移動します。 ▶
ナガハマデザインスタジオのTwitterに移動します。 ▶
WORKS
筑豊の規格住宅 / Standard Houses in CHIKUHO / 2015

筑豊の規格住宅

計画:2015年

延べ床面積:平屋案 約130㎡(39坪)/2階建案 約120㎡(36坪)

種別:規格住宅(企画設計) 

   ※智原聖治(智原聖治アトリエ)、中島潤(じゅん建築設計事務所)と共同。

構造・規模:木造平屋建て、2階建て

CG:池田礼 (A41)

 

木造住宅等地域材拡大支援事業の一端での規格化住宅の提案。国産材を使用した住宅で、筑豊の風土から導かれた平面計画と建材を使用しています。立案のために、山から切り出される木材の流通、地域建材の工場見学など学習WSも進めながら、チームで導き出した筑豊暮らしの家です。木材の使用量ではなく、見え方、見せ方、質感を大切にデザイン決定しており、WSで学んだ多くの地域資産をこの住宅で感じ取れるよう、配慮しています。筑豊のこれからの風景を作り出してくれることを願っています。

 

Standard Houses in CHIKUHO

Planning year:2015

Total floor area:1 stories 130㎡ /  2 stories 120㎡

Sort:Standard Houses(Planning & design)

      ※Collaborated with Seiji Chihara(CHR atelier) & Jun Nakashima(Jun Architect Office)

Structure:Timber Structure, 1&2 stories

Computer Graphics:Aya Ikeda (A41)

 

This is a proposal as a local timber expansion supporting enterprise. We planned these standard houses originating from the life style of Chikuho area, and intended to make use of local, domestic timber. Before planning, we participated workshops studying the logistics of the timber cut and brought from the forest, factory tour of the local materials. We considered the customer feel the quality of the local materials that we learned much throughout these workshops, and we designed various things from the viewpoint of how the quality should be, or how we should show the texture of the materials. We hope these houses create new landscape of the Chikuho area.