Loading...
ナガハマデザインスタジオのフェイスブックに移動します。 ▶
ナガハマデザインスタジオのTwitterに移動します。 ▶
WORKS
篠隈の住宅 / a House in SHINOKUMA / 2018

篠隈の住宅
竣工:2018年
建築面積:71.41㎡(21.60 坪)
延べ床面積:132.48㎡(40.07 坪)
種別:戸建て住宅(新築)
構造・規模:木造2階建て
施工:株式会社久木原工務店
撮影:針金洋介

 

福岡市中心部から1時間ほど、自然の残る郊外に建つ住宅です。要望はスタイリッシュで都会的な暮らしをしたいというものでした。私たちはこの要望と敷地条件から、クライアントが望む暮らしが自然を享受するそれと都心で働くそれとの中間にあると考え、郊外における折衷的な暮らしのあり方を考えることとしました。それはそのまま大地や環境との距離を考えることとなり、様々なつくりへと転載されました。南北面の連続腰窓、段差を設けたリビング・ダイニング、階段の踊場を利用したワークスペース、南側の明るい家事動線、スクエアでセミクローズドな庭。そういった固有の計画すべてが折衷的スタイルへと収束する帰納的設計となっています。それは友人から「事務所のようだね」と言われることを喜んでいるクライアントの表情が象徴しているように思います。

 

a House in SHINOKUMA
Completion year:2018
Building area:71.41㎡
Total floor area:132.48㎡
Sort:residence(newly-built)
Structure:Timber Structure, 2 stories
Consturuction company:Kukihara Koumuten Inc.
Photo:Yousuke Harigane

 

It is a house built in the outskirts of nature, about an hour from Fukuoka city center. The clients wanted a stylish and urban life. Based on this desire and the surrounding condition, we thought that the client’s desired life is that between nature and the city center, we decided to think about the way of eclectic living in the suburbs. As it is, we considered the distance to the earth and the environment, and it was converted into various details. Continuous windows on the north and south, living / dining with steps, work space using the stairway landing, bright domestic flow line on the south side, square and semi-closed garden. It is an inductive design that all such specific plans converge to an eclectic style. It seems like the expression of the client’s face that is pleased to be told that it is “like an office” from their friends.