Loading...
ナガハマデザインスタジオのフェイスブックに移動します。 ▶
ナガハマデザインスタジオのTwitterに移動します。 ▶
WORKS
大手門のカイロプラクティック / a Chiropractic in OOTEMON

大手門のカイロプラクティック

竣工:2018年

建築面積: –  ㎡(  −  坪)

延べ床面積:30.00㎡(9.075坪)

種別:医療業(改装)

施工:飯尾建設株式会社 / ペイントサポートKifuL

撮影:針金洋介

 

近隣のコミュニティが残る商店街の一角に、「ここでの時間を大切に感じていただける」カイロプラクティックの店舗を計画しました。限られた空間での2ベッドの運営とプライバシーを保つ動線計画、そして閉鎖的でなく開放的で明るく、広間としても使える空間が要望のポイントでした。その要望を満たすには、面積や間口の狭さが課題でしたが、可変性のある間仕切り(カーテンと木建具)と、その間仕切りの軸を斜めに振ることで解決するとともに、スペースにムラも兼ね備え、空間にゆとりをもたらしました。木建具を開け放てば施術空間は土間空間を介して街に繋がります。情報量の多い街並みの中で、シンプルでわかりやすい店舗の「情報」や「状況」を発信することができます。機能、情報、時間を同時にデザインした店舗となりました。

 

aChiropracticin OOTEMON

Completion year:2018

Building area:  −  ㎡

Total floor area:30.00㎡

Sort:Service(renovation)

Construction company:Iio construction Inc. / Paint support: KifuL

Photo:Yousuke Harigane

 

At the corner of the shopping district where the neighborhood community remains, there is a chiropractic place planned that only feel “The time spend here is more than anything precious”. In limited space, it was required to a flow planning to manage 2 beds with keeping privacy and also can be used as bright open space. In order to fulfill the customer’s demands, the floor space and the frontage narrowness were issues. However, it has solved by setting versatile partition diagonally with curtains and wooden sliding doors to create more rich space for multiple uses.
By sliding wooden doors, a relaxation room will become extending to the city through a doma (internal floor same level as outside).
Within a busy cityscape, people passing by a chiropractic place could easily recognize inside of its “information” and “situation” at a glance. Thus, function, information, and time were designed together with in the same place.